オフィスワーカー必見!視力低下を防ぐ方法

オフィスワークをするようになって眼精疲労がひどくなりました。

 

 

前に販売の仕事をしていた時はパソコンに張り付くことはあまりありませんでした。

 

 

現在の仕事はパソコンを使用し入力して表や会議のまとめをして印刷したりとよく目を使います。

 

 

首の痛み、肩の張りがあり、整体に行くと疲れ目が原因と言われました。仕事の休憩中に10分間目を閉じるなど色々試していますが毎日疲労の積み重ねです。
眼疲労の症状として、肩こりや頭痛、吐き気などの重い症状から、軽い症状では疲れ目や、ぼやけ、かすみなどありますが、しかし肩こりのほとんどは、首や肩回りの血行不良、頭の重さを支える筋肉の緊張で凝ることが多いです。

 

凝ってしまう事が多いです。

 

 

特に、肩甲骨周りが緊張してくると頭痛にも繋がりますので、周辺のストレッチは欠かせません。
腕を回して肩甲骨を動かし、肩甲骨を回し、首周辺の凝り固まった筋肉と血液の血流を浴することが大事です。3年くらい前の朝に、ふと「ん?新聞の字が止読めない」と感じました。

 

ついに、老眼です。文字を読むのも、ご飯を食べる時も、とにかく目の疲れを感じます。その日以来、なるべく目を大切にして必要のないTVやPCは見ないで、趣味の読書も時間を決めてしたりしています。とにかく目を大事にしています。
このような習慣を心がけることで、ずいぶん眼精疲労を感じることが少なくなりました。

 

 

 

日々の習慣とするだけでずいぶん症状は改善しました。
最近スマホをよく触るようになり、ゲームなどで長時間触っていると目に違和感を覚えます。このことを最近になって眼精疲労だと解りました。
眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。

 

目が疲れた時の対処法として、わたしは眼精疲労に利くツボを押しています。

 

 

 

晴明という部分の目頭の横のくぼみを挟み込むように押すのですが、これが一番効果があり目のショボショボがすっきりします。眼精疲労の原因は電子機器のLEDモニターから出ているブルーライトです。

 

 

スマホの普及され若者達も眼精疲労に悩んでいる…と言う話しをよく聞きますね!その解消法として、「ブルーライトカットフィルター」を画面に貼り「PC用メガネ」をかけることで対処できます。
私自身、2つのことを行ってから症状が和らぎました。いちど試してみてください。私が眼精疲労と感じるときはPCを長い時間見ていた時や、長時間のパチンコをした時です。特にキラキラしているパチンコを見ると疲れますね。
終わった後は目がとても疲れます。
またコンタクトですから、目が乾燥していると思います。そんな時は眼科の目薬を使い、ケアします。これはスッキリ効果よりも目に潤いを与えるものだと思っています。
後は顔を洗ってから、水に目を短時間つけます。
その後目に濡れタオルを被せます。

 

 

 

近ごろ、若年層の女性のメイク道具として無くてはならない物が、カラーコンタクトです。ギャルメイクだけではなくナチュラルメイクでも今やカラーコンタクトは必須アイテム。

 

カラーコンタクトを使用する場合に目の乾燥が特に気になります。
透明のものよりもレンズが厚く、酸素透過率も低いため、既定の着用時間を厳守しましょう。
また、視力が良い人も使う場合があり、お手入れの知識がなく管理が行き届かないため不衛生で結膜炎などを引き起こすことがあります。
事前に注意をよく読んでから使用することが大切です。"年齢が30歳を過ぎると、目の周辺の筋肉が弱っていき、目尻が下がってきます。

 

 

その原因は表情筋が衰えていくことにあります。特に近年、パソコンやスマホーとフォンが普及したことで、目を使い過ぎる事も増えてきました。

 

長時間眺める場合は、休憩の時にでも遠くの緑を見ることも良いでしょう。また回復方法は入浴の時に目の周りをマッサージしたり、温めたりする事になります。

 

目の疲労には冷やすことよりも温める方が効果的ですので是非お試しください。

 

パソコンで作業中、目がチカチカしてきて、パソコンの画面が見えにくくなると感じた際は特に注意が必要です。視界にそのチカチカが広がってしまう時は目の前がよく見えず、酷い頭の痛みに見舞われます。後で思い出しても気持ちが悪くなってしまうほどです。眼精疲労の原因は、極度の精神的疲労と片頭痛です。

 

 

私は対策として、痛みの前兆があればすぐ鎮痛薬を飲んだり、精神的ストレスにさらされる状況を未然に防ぐことです。最近はだいぶ発生する回数が減ってきました。
目の健康については、現代人は非常に気をつけなければならない状況になっていると思います。最近ではスマホへの依存をしている人が非常に増えているからです、しかも意識的に行っているわけではないのです。当然のようにスマホを使っている現代人は、症状を自覚することもなく、目が悪くなる状態が進行しています。

 

おまけに昔と比べて自然も少なく、パソコンやスマホばかりを見る習慣が増えたので、目は悪くなる一方です。