あなたの視力の低下、ブルーライトの影響かも!

仕事柄パソコンを良く使うため目が悪く、目が疲れやすい方です。眼精疲労を回復させるために、こまめに蒸しタオルで目を温めたり、遠くを見たり、上下左右で眼球を動かすことも効果的です。また、目の疲れだけでなく肩こりや体の歪みによる姿勢も関係ありますので、体全体をストレッチなどをして動かして血行を改善させるとより効果的です。体全体のバランスを整える意識でやることが大切です。
PCやスマホは持っているのが当たり前の時代。

 

簡単にコンタクトを購入できるため安易な使い方で、眼精疲労に限らず、眼精疲労やその他の目の疾患に悩む人も多いようです。デスクワークの疲れ目策として、一時間に一回は10分程目を休めたり、温かいアイマスクの使用などが疲れ目に効果的です。

 

また、スマホ等の画面の光は脳を刺激し、寝る直前まで使用すると目や脳が覚醒して寝る間際まで見ると目がさえて眠れなくなってしまう。気づいた時に眼のストレッチをすることも眼疲労の予防に効果的です。小学生だった子供にさせていた事ですが、ゲームで遊んだ後は遠くの景色を見て目を休めることです。

 

単に遠方の景色を見るだけではなく、山の緑の木を意識を集中して見ます。
ゲームによって長時間近くになっていたその後に遠くの景色を見ることで目の焦点を遠くにずらし、目の緊張をほぐし疲れを取ります。

 

疲労を和らげます。木の自然な緑によって目の疲れが取れます。

 

こうすることで視力低下の予防をしました。

 

 

スマホを長時間見たり、本を読んだりしていると、眼精疲労になってしまいます。

 

こんな時の対処法は、目の周りにあるツボ押しです。10回ほど押して、その後は目をしばらく閉じます。
これをすると目の疲れがかなり回復してます。他にはまばたきを意識して行います。

 

 

ドライアイ予防になりますし、視力や眼を守っていくことになっています。眼精疲労は、現在PCやスマホで目に負担のかかることが多くなり避けることのできない壁だとは思いますが、症状の悪化を止めることは出来ると思います。明るい画面を凝視していると体が硬くなり緊張状態になります。そうすると眼精疲労になってしまい肩凝りにも?がるのです。

 

 

 

体をほぐすストレッチ、そして画面を凝視せずたまに周りの景色をきょろきょろと見回すだけで変化があります。
事務の仕事をはじめてから目の疲れが酷くなりました。前職は販売職だった事からPCに張り付いて作業することはほとんどありませんでした。

 

 

 

現在の業務内容はPC入力がメインで表や会議のまとめをして印刷したりとよく目を使います。首や肩に強い張りや痛みがあり、整体の先生から、それは眼精疲労からきているよと言われました。
仕事の休憩中に10分間目を閉じるなど色々試していますが疲れは毎日溜まっていくばかりです。

 

 

30代を過ぎて年齢を重ねると、だんだんと目の周りの筋肉が衰え目じりが下がってきます。
その原因は表情筋が衰えていくことにあります。

 

 

 

最近は特にスマホやパソコンが流行っていることで目を使い過ぎる事も増えてきました。長時間眺める場合は、たまに遠くにある緑を見て休憩しましょう。
また、風呂に入った時にできる回復法として、目の周りをマッサージしたり、温めたりする事になります。温める法が冷やすより疲労回復できますので、是非お試しください。

 

私の職業はトラックドライバーですが、明らかに20代の頃と比べて目の見え方が変わりました。20代のときは遠くの物でも認識できていましたが、最近では遠くの看板はぼやけてしまいそれなりに近づいて来ないと見えなくなりました。

 

このせいで、運転中は目が疲れてしまいます。目の疲れに対応する手段は休憩や荷物待ちの時間に「温かくなるアイマスク」を使用しています。

 

 

温かさが目の疲れによく効き、とてもすっきりします。3年ほど前の朝、「ん?新聞の字が止読めない」と感じた日から始まりました。

 

遂にきてしまった、老眼です。

 

 

 

文字を読んでも、ご飯を食べてもすごく目が疲れます。その日からTVやPCを見る頻度を減らし、出来るだけ用のない時は、テレビやパソコンを見ないようにして、好きな読書は、決めた時間だけ読むことで、就寝前には顔に温かいタオルを乗せて眼の周りの血流を良くしてから、休むようにしています。

 

 

就寝前に暖かいタオルを目に当てて眠るようにしたところ、毎日行うことで習慣になり、とても眼精疲労が改善した。目を使い過ぎている時代の現代は、PCやスマートホンなどの画面が放出しているブルーライトと呼ばれる光は目の健康状態に悪影響を及ぼします。

 

しかし現代の日常生活でこれらは欠かすことができません。

 

では目の健康の為には何をすればよいのでしょうか。第一に悪影響から遠ざけることです。

 

 

 

ブルーライト軽減メガネというもので対策できます。

 

また、疲れた目を休ませることも必要です。簡単な方法は蒸しタオルなどで目を温めて血液の流れをよくすることで目の疲労が和らげます。